BIOGRAPHY

大柴 拓 (おおしば たく)
ギタリスト・作曲家・グラフィックデザイナー。
1985年、神奈川県平塚市出身。同県立弥栄東高校(現:弥栄高校)音楽コースを経て、東京音楽大学(クラシックギター専攻第1期生)を卒業。
2007年に最初の主宰バンド『TrioMono』を結成。以降、『Citrontriple』、『キンテートモダン東京』、『IROSEPTET』、『大柴拓カルテット』の主宰をはじめ、他にも常に数多くの企画を抱え、極めて精力的に活動。
2018年3月には『大柴拓 Ensemble para furores』を立ち上げ、演奏家に役者も加えた全11人の大編成で新作”音楽劇”の製作・初演を超満員にて成功させる。さらに2017年には自身初となるデザイン個展も開催するなど、音楽だけに留まらない現在最も活動的な若手アーティストの1人として注目されている。

[主宰CD]
2012年 TrioMono 1stCD『kaleidoscope』
2015年 IROSEPTET 1stCD『2015』
2017年 TrioMono 2ndCD『Supervivid』
2018年 大柴拓カルテット 1stCD『Flowing out』

ギターを故・北村謙、荘村清志の各氏に、室内楽演奏を故・斉藤賀雄に、和声学を石原真に師事。
[URL] http://www.taku-oshiba.com

Taku Oshiba
Guitarist, Composer, Graphic designer in Tokyo, Japan.
Born in 1985.Graduated from Tokyo College of Music (Major in Classical guitar).
Formed his first own ensemble "TrioMono" in 2007.After that, performs in many his own ensemble: "Citrontriple", "IROSEPTET", "Taku Oshiba Quartet".
In March 2018, formed large ensemble "Taku Oshiba Ensemble para furores".Producted "Music Drama" with writer and actors.
In 2017, held a first personal exihibition (of design).

[Discography]
2012 TrioMono 1stCD『kaleidoscope』
2015 IROSEPTET CD『2015』
2017 TrioMono 2ndCD『Supervivid』
2018 Taku Oshiba Quartet CD『Flowing out』

Studied under Ken Kitamura, Kiyoshi Shomura(Guitar), Yoshio Saito(Chamber music), Makoto Ishihara(Harmonics)
[URL] https://taku-oshiba.com